ペアーズ(Pairs)のビデオデートでカップルは誕生するのか?

新型コロナウィルスによる措置として全都道府県に「緊急事態宣言を発令し、外出自粛要請で思うように出かける事が出来ない状況の中で新し出会いの形として注目したいのが「ビデオデート」。

2020年4月下中よりマッチングアプリのペアーズ(Pairs)で新体験のビデオデートが開始される予定

スマートフォンのマッチングアプリ、ペアーズ(Pairs)上でビデオ通話を利用してマッチング相手と会話を楽しむ事が出来るシステム。

自宅にいながら異性とデート出来るというコンセプトで最近流行りのオンライン飲み会やオンラインキャバクラ、オンライン合コンのデート版となる。

そもそもペアーズ(Pairs)とは 累計会員数1,000万人を超える利用率No.1の恋愛・婚活マッチングサービスである。

国内No1の会員数の実績と今後の外出自粛要請の影響でペアーズ(Pairs)のビデオデートでの需要は増えていくのではないだろうか。

pairs2

オンラインデートのアンケート

オンライン上でデーとするにあたり約1,000人に対してのアンケート調査結果

デートの回数は?

オンライン上でのデートについてどう思うか

オンラインデートの感想

(Copyright ©タップル誕生 All Rights Reserved.)

ペアーズ(Pairs)ビデオデートの機能とは

ペアーズ(Pairs)でマッチングして数往復のメッセージ交換後にビデオ通話が出来るようになる。

βテスト版では通話に1回15分の時間制限と1日の利用時間制限がある。

効率的な相手探しが出来るよう1回の通話時間、1日の実施回数などに上限を設ける。

リリース時はしばらくは外出自粛の流れを受け1日の利用回数制を大きく引き伸ばす1ペアあたり3時間。

サービス利用にあたり追加料金の発生はしない。

女性:年齢確認後ご利用開始

男性:年齢確認後、有料会員登録後からご利用開始

ペアーズ(Pairs)ビデオデートは安心して使える

従来の機能同様ユーザーの安心安全を最優先に体勢を整える。

ご利用前に必ず「利用の為のマナー」を確認し、相手が不快に感じるような行動を慎むよう注意を促す。

ビデオ動画は常時適切な監視が行われ、不適切なコンテンツが確認された場合には通話の強制終了後、場合によっては警告や強制退会などの措置を行う。

ペアーズ(Pairs)のビデオデート機能はペアーズ(Pairs)内ですべて完結するため、他のサービスに移行したり個人的な相手へ伝える必要がない。

ペアーズ(Pairs)ビデオデートのメリット

ペアーズ(Pairs)の美で0デートのメリットについて解説。

お金がかからない

交通費、食事代、その他デート費用が一切かからないで済む。

時間が短縮される

往復の移動時間が必要なくなる。

遠くの女性ともデートできる

住んでる地域以外の他県の女性ともデートが可能。

新型コロナの影響を受けない

自宅でビデオデート出来るのでコロナの影響を受けずに済む。

対面で話せる

メールやLINEと違い対面で話せるので相手の容姿、雰囲気などがわかる。

犯罪に巻き込まれにくい

直接会うわけではないので犯罪に巻き込まれるリスクは低い。

ペアーズ(Pairs)ビデオデートのデメリット

コミュニケーションが取りづらい

画面越しで実際に合っているわけではないので、馴れるまで会話の距離感が探り探りになる可能性が高い。

スキンシップが取りづらい

交際の発展にスキンシップは重要な要素な分、関係が深くなるのに時間がかる可能性がある。

自宅の環境に左右される

両親や兄弟がいたりペットがいたりと自宅の環境に左右される。

アパートなどでは壁が薄い場合大きな声でしゃべれない、盛り上がれない。

wifi環境

家にwifi環境がない場合、パケット代がかかる可能性が高い。

ペアーズ(Pairs)ビデオデート で気を付けるポイント

自宅だからとラフすぎる格好や部屋着はNG。

背景はなるべく整理整頓して小ぎれいにしておく事。

ビデオデートだと声がこもる可能性もあるのでトーンを上げる。

念のため住所が特定されそうな持ち物や環境は隠しておく。

ペアーズ(Pairs)のビデオデートでカップルは誕生するのか? まとめ

ペアーズ(Pairs)のビデオデートでカップルは誕生するのかについて解説したけど参考になっただろうか。

外出自粛要請がでて、外にも出れず出会いがないと考えているならペアーズ(Pairs)のビデオデートを検討してみるのもアリではないだろうか。

ただ家にこもっているよりかは遥かにメリットが多く新しい出会いの場になるので検討してみてはどうだろうか。